Garden Grill Restaurant

ディズニー・エプコットのランド館、中に入って正面に見えるのがGarden Grill Restaurant。今日はこちらで夕食です。

レストラン全体がゆっくりと回転していて、座っていながら景色が変わっていきます。お食事メニューはChip ‘n’ Dale Harvest Feastのみで、大きなスキレットに複数品目が盛られてきて各自で取り分けます。野菜などランド館内で栽培された食材が使われています! 内容は朝・昼・夜で異なります。

テーブルにはミッキーに見えるように取り皿がセッティングされていました。お飲物のメニューです。

飲み物はアイスティーとルートビアを注文しました。まず運ばれてきたのはサラダとパン。ふわふわでモチモチ弾力のある美味しいパンです。

スキレットにはマッシュポテト、いんげん、ターキー&グレービー、スタッフィング、ビーフ、コーンと豆とパプリカのサコタッシュ(Succotash)、クランベリーソースが盛られてきました。フレンチフライとチーズクラッカーを乗せたマカロニ&チーズが別皿で来ます。

これらはお代わりし放題。気に入ったものがあれば、追加で持って来てくれます。ノンアルコールのお飲物もお代わりができます。

チミチュリソースがかかったグリルドビーフが美味しかったのでお代わりしました。食事を終えるとデザートのベリーショートケーキが運ばれてきます。

取り分けるとこんな感じになります。

キャラクターダイニングなので、お食事中は10分おきくらいにミッキー、プルート、チップ、デールが各テーブルを訪れて回ります。

レストランはアトラクションLiving with the Landの2階部分にあり、食事をしながらアトラクション内部の一部が見下ろせます。

舟に乗ってアトラクションを満喫している人が見えます。驚いたのは、舟からは見えない角度にある家の2階部分。レストランからは内装や小物まで細部まで見せるように作られた部屋の中が見えました。

隠れミッキー付き壁画。正解を教えてもらってもなおミッキーに見えなかったです。私には昔のギャグ漫画「ついでにとんちんかん」の間抜作が隠れてるようにしか見えませんでした (・・;)

OMG! “Visit Orlando” Contacted Me!!

オーランド観光の強い味方、Visit Orlando。こちらは昨年5月にOfficial Visitor Centerに行った時の写真です。無料の観光情報誌を発行したり、毎年開催されるMagical Diningを企画している組織でもあります。オーランドのホットなスポットを紹介している彼らに会ってみたくてVisitor Centerに訪れたところ、思っていたのとは違った実態を知らされました。※詳細は2019年5月25日の記事「Visit Orlando’s Official Visitor Center」の文末にあります。

IMG_7226

私は写真を多く撮ってきているので、投稿できる画像数に限りのあるSNSはあまり利用していません。それでもシーワールドで現在開催中のSeven Seas Food Festivalの初日の閑散ぶりを見て広く知ってもらいたいと思い、久々にSNSでここでも紹介したのと同じフェスティバルフードの写真をアップしました。

更新してから1週間が経った今、突然Visit Orlandoからメッセージが来ました。「この写真素敵! 今後私たちのソーシャルメディアやチャンネルで特集して宣伝してもいいですか?」ってΣ੧(❛□❛✿)  Visitor Centerにはいらっしゃらなかった、まさに私が会いたかったメディア部門の方から、予期せぬ形で目に留めて頂いて連絡が来るなんて大変驚きました。

私の返事はもちろんYESです。夫はどうせ事務的な自動送信だからと必要最小限の返信を促して来たけれど、ちゃんと人が見てる可能性が少しでもあるならと、ブログで他の写真もたくさん紹介している事やVisitor Centerにも赴いてその時の事も記事にした事を伝えました(日本語ではあるけれど -。-;)  ちゃんと人からの返信があり、ダメ元でも伝えて良かったです。

過去記事のと同じ写真ではありますが、もう一度Visit OrlandoのOfficial Visitor Centerのご紹介です! 場所はI-Drive沿いにあります。

オーランドは娯楽の宝庫です! ディズニーやユニバーサルなどのメジャーなテーマパーク以外の娯楽情報がまとめて手に入りますよ! 他では出回っていない割引情報も見つけられるので、オーランドにお越しの際はお気軽にお立ち寄り下さい😊

Twistee Treat

ソフトクリームが人気のチェーン店、Twistee Treatです。ドライブスルー待ちの車が7台も並んでいました。中でも人が並んでいて、地元の人に愛されているお店だなぁって思います。

IMG_2047

メニューです。アイスクリーム、ソフトクリーム、ミルクシェーク、パフェ、スラッシー、フロートなど味の選択肢も多々あります。

コーンの種類を選んだりトッピングを足したりして自分好みに仕上げられます。

いつもソフトクリームばかりなので、今日は初めてスラッシーにしました。一つがオレンジ、もう一つがスイカ味です。Black Cherryフレーバーを足したソフトクリームです。以前鮮やかな緑色したピスタチオソフトクリームを食べたのだけど、今はミルクシェークにしかピスタチオ味はないみたいです。

IMG_2056

Seven Seas Food Festival, Orca Merchandise, and Park View

Seven Seas Food Festival開催中のSeaWorld Orlando、週末は大勢の人で賑わっています!

早速フェスティバルフードいきましょう😋 All-American MarketからTennessee Whiskey BBQ Chicken WingsとBison Sloppy Joeです。チキンウィングスはちょっぴり甘め。Bison Sloppy Joeはバイソンの挽肉とトマトを煮た甘めのミートソースをパンに挟んでいます。

Pacific Coast MarketのChili Pesto Pan Seared ScallopとNorth Atlantic MarketのFish & Chipsです。Scallopは焼きホタテをマッシュルームサフランリゾットの上にのせた一皿で、Fish & Chipsは衣が厚めでフワフワで、自家製タルタルソースを付けて頂きます。

Gulf Coast MarketのCrawfish EtouffeeとBread Puddingです。Crawfishはたくさんのザリガニの身の煮込みをご飯にかけたボリュームある一品でした。しかもコーンブレッドが添えてあり、アメリカ南部の料理という感じですね。Bread Puddingは中にレーズンが入っていて、こちらもボリュームがありました。

フェスティバル初日に購入した18品のSampler Lanyardカード使い終えました。2枚目購入するかどうかはまだ考え中です。

IMG_2036

今日はシャチグッズが大売出ししていました。2020って書かれたものもあったから、新商品が出たばかりなのかも。

こっちはいつもあるシャチだけど、ちょっとした威圧感。

IMG_2014

その他フェスティバルの装飾やブースなどパーク内の景色です。

Flying Fish

ディズニー・ボードウォークリゾートにあるシーフードレストランのFlying Fishで夕食です。

IMG_1953

店内の様子。奥に大きなワインセラーがあります。

メニューです。これとは別に分厚いお酒メニューがありました。

キッズメニューも見せて頂きました。

IMG_1955

ノンアルコールのストロベリーダイキリ。サービスのパンは細かく刻んだ海苔が入ったセモリナ粉のパン。ブラックキプロスシーソルトをまぶしたトリプルホイップトバター。パンを食べながら、磯の香りに和食が脳裏をかすめる不思議な海苔マジック。

前菜のLobster Bisqueは旨味が凝縮しています。ロブスター味噌の味がしますね。スープの中にはゴロゴロとしたロブスターの身が沈んでいて、次から次へと出てきます。10個くらい入っていたんじゃないかな。

Potato-wrapped Red Snapper。じゃが芋のスライスで肉厚の鯛を覆って焼いてあり、外はカリカリ中はふっくら。下は西洋ネギのリーキを使ったホワイトソース、まわりは赤ワインのソースです。

Angus Filet Mignon。下にあるのはスイートオニオンリゾットとアスパラ、ソースはトリュフソースです。ミディアムの断面もどうぞ。

Char-crusted New York Strip。こちらもミディアムの断面をどうぞ。

デザートメニューです。大半は食後のハーブティーやデザートワインなどお飲物ですね。

Basil Sugarという文字に惹かれて、Panna ‘Carpa’ にしました。小さく刻んだバジルを乾燥させたような物が入っていて、ライムの酸味が効いたストロベリーソースは目の前で注がれました。バターミルクパンナコッタに刺さっている薄いチョコレートは塩味が効いています。味が錯綜して美味いかどうかって範疇じゃなくなりますね。

IMG_2004

パンとお料理の残りをお持ち帰りにしました。

IMG_2007

シーフードを使ったお料理は美味しかったです。お肉料理はどちらもお肉自体の柔らかさに欠け、ソースとの相性も抜群とも言えず。そう言えばシーフードレストランだったもんなぁ、とステーキを頼んだ事に後悔しました。シーフード料理なら他もきっと美味しいだろうと思います。

また、ロブスタースープは美味しかったです。今までコーラルリーフのロブスタースープが一番好きと言ってきましたが、旨味が凝縮していて身がたくさん入っていて、Flying Fishのが上だと言う人もいると思います。ここまで来るともう個々の好みでしょうね。

View at Boardwalk Resort

ディズニー・ボードウォークリゾートです。

ボードウォーク側の客室は賑やかで人が行き交うのが見られるのに対し、裏側は静かで池とか駐車場とか地味目な景色になっています。Skylinerも近くにあります。

リゾート内にはレトロな遊園地にまつわる装飾品で統一されています。

手回しで見られる古いパラパラ漫画は現役で稼働中。ラウンジがあったりボードウォークの喧騒を眺めたり、静かに過ごしたい人と賑やかに過ごしたい人の両方のニーズが満たせるリゾートです。

階下はボードウォークへ。エプコット、スワン&ドルフィン、ビーチクラブリゾート、ヨットクラブリゾートに繋がっていて、徒歩で行き来ができます。もちろん無料ボートも出ていますよ。

展示販売しているアートギャラリーのWyland Galleries。

ボードウォークの景色です。ショップ、レストラン、ベーカリーが連なり、スナックブースや景品を狙うゲームがあってお祭りの雰囲気です。大道芸など無料のショーも行われています。

ショップやレストランの人が4人乗り自転車に荷物を載せて行き交っていて、一般の人もレンタルできます。

リゾートで行われているアクティビティ。芝生の上ではディズニー音楽のイントロ当てクイズやディズニー映画鑑賞が行われていて、宿泊者も通りがかりの人も分け隔てなく参加できます。

ボードウォークリゾート限定グッズとスーベニアコインです。

Princess Cruise Daily Hygiene Initiatives

大勢の人が予想していた通り、日本国内での新型肺炎の広まりが表面化してきましたね。私も日本のネットニュースを頻繁に見ては、ダイヤモンド・プリンセスについての批判や辛辣な意見を目にする度に心が痛む日々です。今日はプリンセスクルーズがいかに日常的に船内の衛生に気を遣っているかを説明させて頂きたいです。

ダイヤモンド・プリンセスではありませんが、2年前に同じプリンセスクルーズのリーガル・プリンセスに乗船した事があります。乗船してすぐに水に関して疑問に思う事がありました。他のクルーズ船では「節水にご協力下さい」と書かれたものをどこかしら目にしたり、「タオルの交換は申し出がない限り2日に1回です。ご協力ありがとうございます」と客室シャワールームに書かれていたりするものですが、プリンセスクルーズにはこれらが一切ありませんでした。客室の清掃は1日2回行われ、使ったタオルがあればその都度交換してありました。

「節水しなくていいの!?」とこちらが怯むほどだったものがこちら。4箇所あったかな、ビュッフェ会場の全ての入り口にはそれぞれ複数の手洗い場が設けられており、石鹸で徹底的に洗い最低20秒流水で流すよう書かれていました。ウィルスを撒き散らす懸念のあるハンドドライヤーは無く、使い捨ての紙が使われています。

更にビュッフェ会場の全ての入口にクルーを立たせ、会場に入る全ての人に手洗いを促す徹底ぶりです。特に新しい乗客が大勢乗船する時は、乗客の中で手洗いが習慣づくまでの3日間くらいは必ずクルーが立っていて指導するんです。私は娘が利用したキッズキャンプにお迎えに行くためにビュッフェ会場を通り抜けたかったのですが、それでも手洗いは強要されたのを覚えています。

船内に限っての話ではありません、こちらの写真をご覧下さい。寄港地で乗客が降りて観光し、再び船に戻る時の様子です。乗船させる前に、クルーが乗客に冷たいお水を提供すると同時におしぼりで手を拭かせます。お水を飲むのは自由ですが、手拭きはするように全員が声をかけられます。細かい部分ですが、おしぼり担当クルーの手元にご注目。クルーは手袋をし、直接タオルに触れないようトングを使って渡しているんですよ。

船内清掃も当然毎日行われています。汚れが見えたらその都度取り除かれますし、それ以外にも場所によって1日1回、人が触らないような所は1週間に1回、船の外側は1ヶ月に1回といったように清掃のルーティンが組まれています。人がよく利用する場では、人の少ない間を見計らって1日に2回も3回も清掃が行われています。

ある夜びっくりしたのがこちら。乗客があまり出歩かない時間帯に壁の全面を拭いていくんです。長い廊下の壁も全て拭くことが日常の清掃スケジュールに盛り込まれています。

乗客が寝ている夜中から早朝にかけて、廊下や階段などありとあらゆる手すりは毎日欠かさず徹底的に拭いています。

デッキチェアも夜中に清掃して明け方に再び並べ直されますし、噴水など水を使った場所では寄港地で乗客が降りて船内の人が少ない間にメンテナンスと清掃が行われていました。

清掃ではないですが、常に潮風にさらされて錆びやすい船では、細かいところも頻繁にペンキの塗り直しをして美しい船を保っています。

新型肺炎の乗客が下船したとわかっていてなぜ航行を続けたのかなんて批判を目にしましたが、未知のウイルスですし、あの時点ではまだこうなる事は誰にも予想できなかったと思うんです。一つ言えるのは、日頃から衛生面に危機意識を持って取り組んでいても防ぎようがないほど新型肺炎の感染力が非常に強いと思われること。ダイヤモンド・プリンセスが槍玉に挙げられていますが、船に限らず飛行機も電車もホテルも学校も、どこでも広まってもおかしくないんじゃないでしょうか。実際に感染者が野放しで紛れ込んでいるのが現状ですから。

プリンセスクルーズについてクルーズディレクターに直接質問ができる質疑応答のイベントに参加した時の様子です。クルーの船内生活についてだとか真水のシステムや汚水や排水についても触れているので、気になる方は過去記事「Life @ Sea Presentation (Day7#4)」をご覧下さい。

IMG_0820

他の船内の様子や素晴らしい料理の数々の写真も過去記事で見られますので、興味のある方は右カテゴリーにある「Cruise」をどうぞ🛳

客室清掃がある度に増えるチョコレートの思い出🍫

プリンセスクルーズ所有のプライベートアイランドPrincess Cays🏖 ここで見た食糧の荷下ろしをする大勢のクルーの連携プレーは圧巻でした。

IMG_0787

IMG_0800

新型肺炎の収束が見えない状態ですので外出を控えるのは当然の流れだと思います。しかしながら、過度にクルーズ船に対し恐怖心や嫌悪感を増幅させて欲しくないと思っています。少しでも興味があるのなら、薬が開発されて誰でも治る目処が立った後にでもクルーズ船の旅をぜひ体験して頂きたいです。

Happy Valentine’s Day

バレンタインデーの今日、いつもお世話になっている人たちに小さな瓶入りのジャムと蜂蜜のセットを配り回りました。郵便局の皆さんに配ってから、日常使いしているスーパーマーケットPublixの顔馴染みの方々に配って、ついでにお買い物です。

特売はもちろんバレンタイン関連用品。たくさんの花束と風船、ハート型容器に入ったスイーツが並びます。

ロブスターやお寿司までもがハートの容器に入っています (^O^) 今年は無かったんですが、ハート型に切ったステーキ肉がハートの容器に入っていた年もありました。

今日の店内は赤とピンクだらけ。お花と風船売り場が大忙しで、訪れるお客さんも次から次にバレンタインを祝うための商品を手に取っていきます。いつになくおじさん率高し! じっくりワインを選んだり花束を買って行く男性客が多いのが印象的でした。

私はいつも通りのお買い物。今週のBOGOセールで半額で買ったのは以下の品。久々にスモークサーモンとベジタリアンミート(植物性の代用肉)が対象商品でした。新商品のサラダセットにMakoto Honey Ginger味発見。別の小袋にカリカリの大豆と生姜の砂糖漬けを小さくしたようなものが入っていました。ドレッシングはアメリカの日本食レストランでよくあるタイプの生姜ドレッシングで美味しかったです。

果物と野菜とパン、ラムの挽肉もセールだったので購入しました。

学校から帰って来た娘は例年通りお菓子や小物を頂いて帰宅しました。一人おもしろいものをくれた子がいました。アートクラブに所属していつも絵を描いている娘向けに選んでくれたんだなぁって嬉しく思いました。

娘は水彩画セットをくれた子には何も用意していなかったそうで😨 何かお返しを考えなければ。

Sushi Tomi

オーランドで一番人気の和食レストランと言えばここ、Sushi Tomiさんです。昨年からは未訪問のレストランを優先的に行く生活に切り替えていたものの、無性に行きたくなる時があります。前回来た時は長期夏休みを取っていらっしゃったため、11ヶ月ぶりの訪問になります。

IMG_1861

何と言ってもこの豊富な品数。王道メニューをしっかりおさえた内容です。

お寿司の握りも巻き物もあるのはもちろんのこと、冷やし中華もあるし、壁のホワイトボードには手書きで書かれたその日の特別メニューが10品ほどあります。

前菜メニューの天ぷらと唐揚げ、特別メニューからあじのたたきです。お味噌汁はカツ丼とセットになったものを先に頂きました。

カツ丼のボリュームが凄いのなんの。豚肉も厚切りで、とても美味しいんですよ。

お寿司です。巻き寿司はうなぎ巻きとUlti-Spicy Tuna Rollです。

IMG_1879

お料理が美味しいだけでなく、Sushi Tomiさんが繁盛店なのはサーバーさんの魅力も大きいなぁって思います。娘って年じゃないんだけど「看板娘」って言葉がぴったりの方がいらっしゃって温かく迎えてくれる、とてもアットホームなお店です。

Lucky’s Market Closed & Publix’s Weekly BOGO

久々にLucky’s Marketに買い物に行ったところ、お店が閉まっており、閉店のお知らせが貼られていました。最近オンラインで見られるチラシが更新されていなくて、おかしいとは思っていました。

華々しくオープンしてからちょうど一年での閉店でした。フロリダのスーパーマーケットではPublixが強いことや、まだまだこれから住宅が建つ開発途中の立地で多くの買い物客を見込むには早過ぎたことなどが原因かなぁなんて思います。徐々に商品の回転が悪くなって、商品の傷みも目立ち、安くしても売れない悪循環に入っていったように思います。

気を取り直してPublixで買い物です。今週のBOGOセールで半額で買ったものたち。

BOGOではないけれど買ってきた気になるものたち。お肉コーナーで作られた半調理品は、オーブンで焼くだけなのでたまに利用しています。Lucky’s Market閉店のショックから、普段買わないピーチソース付きカッテージチーズを衝動買いしました。

どのブランドのコーンブレッドが美味しいか食べ比べている最中で、今日はMartha Whiteから2種類買ってきました。コーンブレッドミックスに頼らず一から作ることも考えて、粒子の細かいコーンミールも買ってみました。

IMG_1843

大きな盛り返しがないと閉店に向かう可能性は感じていたけれど、まさかこんな急にっていう驚きとショックを受けた一日でした。日常の一部になっていたものが突然無くなるのはダメージが大きいです。