Disney’s Hollywood Studios 50th Celebration Sandwich Cookie

平日午前のディズニー・ハリウッドスタジオ。WDW50周年を迎えたばかりとあって混んでいます。

気温は涼しくなってきたものの陽射しは相変わらず強く、陽にあたると汗ばむ暑さ。

各パークで複数の50周年の食べ物と飲み物が出ています。ハリウッド・スタジオで食べたかったのはRosie’s All-American CaféのDisney’s Hollywood Studios 50th Celebration Sandwich Cookie。

写真だけ見て小さいケーキを想像していたのだけど、実物は大きなクッキーでした。クッキーとホワイトチョコで、苺ジャムとピーナッツバターとチョコレートを挟んでいます。

飲み物の紙コップも50周年デザイン。

人は多いし暑いし特に乗りたい物もないしで、すぐにパークを出ました。

50周年デザインのゴンドラが間近で撮れました!

Taking a Walk & Buying Lunch

娘を学校に送った帰りにディズニー・スプリングスに寄りました。50周年記念グッズを求める人がWorld of Disneyに行列を作って開店を待つ以外は、平日の朝はとても空いています。

スプリングスにもスーベニアコインやメダルに50周年デザインのものが出ていますね。

50周年ピンバッジにはパスホルダー向けのものもあります。

50周年を祝うオレンジバードの写真スポットとグッズいろいろ。←種類が多いので、もう面倒臭い ^^;

The Ganacheryでは50周年特別チョコレートを店内で作って販売しています。

昼食何にしようかなぁと看板を見ながらお散歩し、Chicken Guy!YeSakeからテイクアウトに決定。

YeSakeからはSalmon Poke Bowl。ソースはWasabi PonzuとRoasted Sesameにしました。

Chicken Guy!からはFive Tendersを頼み、ソースはDonkey SauceとWasabi Honeyを選択。Wasabi Honeyは緑色が鮮やかなシャバシャバな緩い液体で、全然わさびの感じがしない妙な味の甘いソースでした。

Steakhouse 71

Mr. インクレディブルルームが加わったコンテンポラリー・リゾート。ロビー階も内装を一新しました。

穴場レストランとして何度か紹介してきたThe Waveが閉店し、10月1日にSteakhouse 71が開業しました!

早速Steakhouse 71でランチです。

バーのやテーブル席の配置は以前のままで、インテリアが変わった印象。

前菜メニューからSteakhouse 71 Onion RingsとLump Crab Cakes。オニオンリングはちょっとオイリー。

メインからFish Sandwich、Gourmet Grilled Cheese、Steak “Frites”です。

クラブケーキはカニの身の割合が多い良質のもので、Fish Sandwichのフィッシュは厚みがあり、チーズサンドイッチも美味しい。ワッフルポテトが水分飛んでかためでしたが、どれも塩加減が多過ぎず、ステーキは文句なしに美味しかったです。

オニオンリングを包んだ紙が50周年らしいデザインでした。

ホテル内のスーベニアコインとメダルに50周年の新デザインが加わっていましたよ^^

Halloween & 50th Anniversary Snacks in Magic Kingdom

マジックキングダムでクイックサービスのメニューを見て回りました。スイーツのショーケースにはハロウィンスイーツと50周年特別スイーツが並びます。

青と紫をベースにピンクが混ざった色合いのものが50周年特別スイーツ。

メニューの一部ですが、シンデレラ城マークが付いたものが50周年特別メニュー。

ハロウィン向けのペイストリーかな? 店頭で実物を持って呼び込みしているキャストが写真を撮らせてくれました。

花火を観ながらお食事ができるデザートパーティーのプランもあります。

どのパークやディズニーリゾートホテルでもクイックサービスとレストランでたくさんの50周年特別メニューが出ています。テーブルサービスレストランでも何品か食べられたらいいなーと思っています。

50th Anniversary Merchandise in Magic Kingdom

マジックキングダムの50周年グッズです。他のパークやディズニー・スプリングスでも買えるものがありますが、50周年グッズに関してはやはりマジックキングダムでの品揃えが一番多いように思います。

最近は50周年グッズに限らず、1つの商品につき1人2つまでが上限となっています。

50周年アクセサリー、記念コインといったちょっぴり高価格帯のものもありますよ。

50と書かれたスーベニアコインがところどころ混ざっている機械があるので、チェックしてみて下さいね。